ココナッツオイルを詳しく解説

ココナッツオイルはそもそもココヤシと呼ばれるヤシ科の植物の一つでもあるココナッツから抽出されて出来たオイルです。食用に出来る部分は栄養価が高く、スーパーフードとして人気がありますが、ココナッツオイルに含まれている中佐脂肪酸は、他の油とは違い体内に蓄積されず、既についてしまっている脂肪を一緒に燃焼してくれることで、ダイエット効果もあるとされています。 このオイルには精製された物とされていない物があり、精製されていない物がヴァージンココナッツオイルです。ココナッツの甘い香りがするのはこちらの方で、新鮮な分、他のオイルに比べると高額となっています。種類も3つほどあり、最も香りが豊かなエキストラバージンココナッツオイル、0度まで固まらないリキッドココナッツオイル、無臭のプレミアムココナッツオイルがあります。リキッド以外は、低温では固まりますので、用途に応じて選ぶことをおすすめします。

太りたい人のココナッツオイル摂取法

太りたいと思う場合、脂っこい物や甘い物など脂質の多い物をたくさん食べようと思うかもしれませんが、太らない人は消化力が弱いため、摂取した脂質を体内できちんと消化できず、吸収されないまま排出されるため、太れない場合が多くなっています。しかしココナッツオイルは、オイルと言うだけありかなり高カロリーですし、何と言っても中鎖脂肪酸という消化の良い成分をたくさん含んでいます。そのため体内での吸収率も良く、高カロリーなので、太ることが出来るオイルと言えます。 食べるタイミングは朝食時がおすすめです。朝は消化力が低下していますが、そこで脂質を消化させるためにココナッツオイルを摂取すると良いでしょう。その分他の脂質は減らすことがおすすめです。また太りたいからと言ってたくさん食べると消化が追い付かないため、量としては5グラムから14グラムにしましょう。

ココナッツオイルには魅力がいっぱい

ココナッツオイルには、適度に摂取すれば、体内に蓄積した脂肪を一緒に燃焼してくれるので、ダイエット効果もあります。反対に痩せ体質の方は、上手に摂取することで太ることも出来るオイルだと言えます。甘みもあるため、トーストに塗るバターやマーガリンの変わりとして利用できる他、コーヒーや紅茶に入れてほのかに甘味を足すことも出来ます。 また食用だけでなく、ココナッツオイルはビタミンEが豊富で保湿効果もあるため、肌を乾燥から守ってくれるのはもちろん、肌荒れやかゆみを低減して、軟らかい肌にしてくれます。さらにオイルにも関わらずべたつきが無く、肌に塗っても快適です。さっぱりしているのに保湿効果が高いため、マッサージオイルや保湿ローションとしても利用できるなど、美容効果もある魅力的なオイルだと言えます。